5月16日『なんて おもうのです。』

いってきました

いわきへ

思い返すと

なにをしていたっけ?ってくらい

うまく説明ができないような時間を過ごしました

 

単純に畑にビニールかぶせる作業とオーがニックTシャツの撮影だったんだけど

 

 

なんといっても大自然での心の解放というか

 

山 緑 水 カエルの声 しらない虫の声

古民家のたたみ 広い台所と裏口玄関

縁側に はだしで歩きたくなる庭

海 丸い痛くない砂利 きれいな石 

広い海 波の音 風 冷たい海水

広い道 田んぼ 木陰 冷たいアスファルト

毛布で外に 見たい流れ星 

 

だから

うまく口から音にして伝えるのむずかしくて

 

どうだった?ときかれても

なんか答えられなかった

 

あと

人の温かみ

一緒にいったいつものsuperendrollerメンバーなんだけど

それぞれの個性と人間性

いわきでお世話になったみなさん

ほんとうに素敵な時間をすごせました。

 

とにかくみんな笑顔が素敵なんだ。

 

あ〜

ひと月の半分あっちで暮らしたい

なんて

おもうのです。

 

 

道路に座るなんて

都心だと 悪い子ちゃんにみえちゃうからね

座りたくもないし

 

 

すべてが居心地よかった

 

それだけ。

 

くまみか